Author Topic: avast! WHS Edition について  (Read 21584 times)

0 Members and 1 Guest are viewing this topic.

k1_kajiwara

  • Guest
Re: avast! WHS Edition について
« Reply #15 on: May 15, 2011, 10:41:53 PM »
皆さん こんにちは!

avast! WHS Edition について、新しい使用状況を報告します。

今までは、あまり時間も無かったので、我が家のWHS(acer H342-S6)に入れた avast! WHS Edition を見ていなかったのです。
インストールしたまま、ほったらかしで稼働し続けています。別段大きな問題も発生していません。
本日は、avast! WHS Edition の使用方法(操作)などを確認するため久しぶりに見てみることにしました。
WHSコンソールからでは、画面が小さくて見にくいので、クライアントPC(我が家ではデスクトップPC2と言います)から、
リモートデスクトップ接続して見てみることにしました。(こちらの方はモニタ画面一杯に表示できて快適です。)
まず目に入ったのは、avast!のスケジュールスキャンがスキャン中で有ると言う事です。タスクバーに表示されてます。
avast! WHS Edition は、インストール直後はデフォルトでスケジュールスキャンが登録されているようです。
タスク登録に、4月22日付で4項目登録されています。もちろん自動的に登録されたものです。その一つにローカルディスク検査が有ります。
セッションを見ると毎日午前2:00に全ローカルディスクのスキャンが行われた記録が残っています。
その内、何日分かはスキャンが途中で停止した形跡が見えます。たぶんWHSを手動でリブートした時であろうと思います。
それから、毎日午前2時から行われたスキャンは、12時間くらい掛かって行われています。1日のうち半日はスキャンしている勘定です。
今は、スキャン中に出くわしました。そのCPU使用率は変動しているが約30%くらいです。スキャンを一時停止すると2%くらいに下がります。
我が家のWHSは、パフォーマンスの低い省電力重視のものです。よってこの半日も行われるスキャンの負担は大きなものが有ります。
これに、このWHSが持っている共有フォルダにアクセスとクライアントPCバックアップが加わるのです。相当な負担に成るのでしょう。!?
道理で今まで、WHSから度々メールを介して警告が発せられています。警告は2つで1つ目はCPU負荷が連続~分~%を越えました。
2つ目がメモリー使用率が連続~分~%を越えました。と言う内容です。深く追求していなかったのです。
WHSには、圧縮されたファイルが多く存在します。きっと解凍出来るものは解凍してスキャンしているのだと思います。それで負荷が高い?
我が家のWHSは、2TBのHDDを4台搭載しており、合計で8TBになります、使用済み容量は、約3.3TBです。搭載RAMは2GBです。
使用の仕方にもよるが、H/Wパフォーマンスのバランスが悪いのでしょう。?
今後、このローカルディスク検査の負担軽減の研究をしてみたいと思います。
今回の報告は、ここまでとさせて頂きます。
以上
« Last Edit: May 16, 2011, 01:08:44 AM by k1_kajiwara »